気になるいぼ手術について【炭酸ガスレーザーを用いた手術が一般的】

痛みには麻酔を使用する

顔に触れる女性

医師のアドバイスを聞く

いぼの手術を受ける時に心配なことのひとつに痛みがあります。小さなものだったとしても手術を受けることになれば、切除をする時に感じる痛みが気になる人が多いでしょう。手術法のひとつに炭酸ガスレーザーを用いて患部を切除する方法があります。炭酸ガスレーザーは特殊な仕組みになっており、患部の必要な部位だけを切除することができます。メスを使う時には周囲の皮膚を同時に切り取ることになりますが、炭酸ガスレーザーはいぼができている部位だけを切り取り、出血もほとんどありません。患部の切除を行いながら血管空の出血を止血させていく仕組みになっているからです。手術というと切り取った部位からの出血をイメージする人が多いようですが、実際にはほとんど出血をせずに治療を受けられます。痛みに関しては事前に皮膚に麻酔をかけておくので、施術を受けている間に感じる痛みはほとんどありません。局所的な麻酔なので意識はありますが、触っている感覚がなくなるので痛みに関する心配はしなくても大丈夫でしょう。痛みに弱い人などでどうしても、不安があると言う場合にはそのことを担当医に伝えておけば、様々な配慮をしてもらえます。麻酔がしっかりと効くようにしたり、麻酔の種類を変えたりすることもあります。直前に痛みに関しての依頼をすると、十分な準備ができないこともあるので、必ず手術前に依頼をしておきましょう。施術後は患部にばんそうこうをはり、新しい皮膚ができるまで水がかからないように配慮されています。しばらくはばんそうこうをつけたままの生活になりますが、そこまで大変なことはないでしょう。いぼの手術を受ける時には専門の知識を持つ医師のアドバイスを十分に効くようにしましょう。インターネットなどでたくさんの情報を得ることができますが、患部の状態によって適切な方法は変わってきます。炭酸ガスレーザーで手術を行うことが主流になってきていますが、その他の手術法が適していることもあります。特に大きさがあるものに関してはメスを使って切除をしたほうが、術後の経過が良いこともあります。大きなものの場合には炭酸ガスレーザーで取り除くと、術後に皮膚に大きな穴があいたような状態になります。しばらく待っていれば、新しい皮膚細胞が出来上がってきますがそれまでに時間がかかります。大きければ大きいほど術後の穴が大きくなるので、皮膚が元の状態になるまでに時間がかかるということになります。その場合にはメスが患部を切り取り、穴を閉じるように縫合をしたほうが傷が目立ちません。穴の端と端をつなぎ合わせた状態にすることで、切った跡だけになり穴があくことを防ぐことができます。その上からばんそうこうを貼って生活をしていれば、そこまで時間をかけずに傷が目立たなくなるでしょう。皮膚同士を縫い合わせることで傷を小さくすることができるので、治療にかかる時間を短縮することができるというわけです。これは医師に寄って判断が別れるところなので、実際に患部をみてもらってから決めることになります。炭酸ガスレーザーを使った治療法もメスを使った方法もどちらも良さがあるので、比較して決めると良いでしょう。大きめのいぼがある人は治療法を慎重に考えましょう。

Copyright© 2019 気になるいぼ手術について【炭酸ガスレーザーを用いた手術が一般的】 All Rights Reserved.