気になるいぼ手術について【炭酸ガスレーザーを用いた手術が一般的】

原因はいくつかある

看護師

主治医に相談する

いぼは皮膚にできる突起物ですが、同じように見えるものでも実は原因が違う可能性があります。体の様々な部位にできますが、顔や首、胸、膝、足の裏にできるケースが多いようです。これらの中にはウイルス性のものもあり、いぼにウイルスが含まれているので、手術をする際にウイルスをまき散らしてしまうと、もともとあった場所の周囲に再発してしまうことがあります。ウイルス性のものはウイルスが付着した部位に新しいいぼができていくので、数を増やさないように注意する必要があります。自己判断で患部を触ってしまう人もありますが、ウイルス性のものだった場合には数が増えてしまう危険があるので十分に注意しなくてはいけません。それ以外にも自己流で処置をしてしまうと、そこから感染を起こすこともあるので、自己判断で触るのではなく専門の知識を持つ医師の診察を受けることをおすすめします。その他に多いものとして加齢が原因で発症するものもあります。これは原因が紫外線や衣類やネックレスの摩擦なので、首にできることが多いようです。年齢を重ねるとこういったものができる人が増えてくるために、数が多くなって目立ってくると見た目上の問題も抱えることになります。年齢よりも老けてみられることに抵抗があるという場合には手術をして元の状態に戻すことができます。治療法には色々な方法があるので、患部の状態を医師に診てもらってから治療法を検討すると良いでしょう。手術法は昔から行われている冷凍凝固法と電気レーザーを用いた方法があります。いぼの手術を受けたいと思った時にかかるクリニックは皮膚科や美容外科になります。内科などでは治療が受けられない可能性があるので、処置をすることができる外科系のクリニックを探すようにしましょう。すでに持病などがあり内科などかかりつけのクリニックがある場合には、診察の際にいぼの手術をしたいと伝えれば、紹介状を書いてもらうことができます。持病があって服薬をしている時などは、薬の飲み合わせが関係してくることがあるので、先に主治医に伝えておくと安心できるでしょう。その時に仕上がりにこだわって傷跡を残さずにいぼの手術を受けたいという希望があれば、美容クリニックを選択することをおすすめします。美容クリニックでは炭酸ガスレーザーを使った治療法をすることになり、いぼを綺麗に切除することができます。大きな物の場合にはメスを使った手術が行われることもありますが、傷跡が残らないよう最大限に配慮してもらえます。顔など人の目につきやすい場所にある時には、特に仕上がりが気になるものです。ただ切除すれば良いというものではないので、診察を受けた時に医師としっかりと相談をして、自分の希望を伝えておきましょう。手術の時にも話しをする時間はありますが、その時になってからでは変更ができないようなこともあるので、事前のカウンセリングの段階で気になることは全て話しておきましょう。そこで納得ができれば正式な申し込みを行って治療を受けることになります。どうしても治療法などに納得ができない場合には、他のクリニックのカウンセリングを受けることもできるので十分に時間を使って考えましょう。

Copyright© 2019 気になるいぼ手術について【炭酸ガスレーザーを用いた手術が一般的】 All Rights Reserved.