気になるいぼ手術について【炭酸ガスレーザーを用いた手術が一般的】

通院回数が少なくて済む

顔に触れる女性

仕上がりにこだわる

いぼがあって困っている時の治療法には様々な方法があります。まず頭に浮かぶのが皮膚科にかかる方法で、いぼの種類や大きさによっては健康保険を使って治療を行うことができます。どの皮膚科を受診するかにもよりますが、昔からたくさんのクリニックで行われている治療法が液体窒素を使った冷凍凝固療法です。この方法は治療にかかる費用が安く、特別な技術も必要ないために多くのクリニックで導入されています。保険が適応されるので、治療にかかる経済的な負担を減らしたい時に最適な方法です。この施術のデメリットは何度もクリニックに通わなくてはいけないことで、何度も施術を受けても結果的に治療が完了しないということもありえます。そのため確実にいぼをとりたい場合には、他の方法も検討してみると良いでしょう。そのひとつが美容クリニックでいぼの手術を受ける方法です。美容クリニックでの治療は冷凍凝固療法ではなく、炭酸ガスレーザーを用いた手術が一般的です。この治療法は一度でイボを取り除くことができる手術で何度も通院する必要がないという点が大きなメリットになっています。保険が適応されないことが多いので治療費がやや高額になってしまう点には注意をしなくてはいけませんが、一度の手術で済むので治療にかかる費用は把握しやすいでしょう。冷凍凝固療法はいつまで治療を行えばいいのかの見通しを立てにくく、治療に通うたびに診察代や処置代がかかるので、結果的にいくらかかるかが最初の段階ではわかりません。それに比べてレーザーを使った手術は最初にかかる費用を計算することができます。いぼの手術は様々な場所で受けることができるので選択の幅が広いことが特徴です。自分で治療法を先に調べておき、それぞれのメリットやデメリットを比較して決めると良いでしょう。最近では美容クリニックでいぼの手術を受ける人が増えていますが、これにはいくつかの理由があります。まず仕上がりを美しくしたいという希望が強い場合には皮膚科よりも美容クリニックを選ぶ人が多いようです。美容クリニックはいぼをとるだけでなく、その後の皮膚の状態が美しくなるように治療をしてくれるので、仕上がりが美しくなります。皮膚科でもできる限り治療後の状態が美しくなるよう配慮をしてくれますが、中心になるのはいぼの手術なので、場合によっては希望していた通りの仕上がりにならない可能性もあります。炭酸ガスレーザーを使った治療法では、ほとんど出血をせずに切除することができるので、周囲の皮膚へのダメージが最小限で済みます。そのため、治療を受けた後に皮膚の状態が悪くなってしまう可能性が少なく、傷跡を残さずに手術を受けられます。今までは冷凍凝固療法が主流だったので、いぼの治療をする時には何度も通院しなくてはいけないというイメージがあり治療に踏み切れなかった人が多くいました。しかし、一度の手術で綺麗にとれる治療法が始まってからは、気軽に治療を開始できるようになったようです。時間がなく忙しい人でも治療が行えるので、躊躇せずに治療を開始できます。治療をする時に生じる痛みがほとんどないという点も、この治療法に人気が集まっている理由です。

原因はいくつかある

看護師

いぼには加齢が原因でできるものとウイルス感染が原因でできるものとがあります。どちらの場合にも自己判断で処置をすると悪化してしまう恐れがあるので十分に注意をしておきましょう。持病がある時には手術前に主治医に相談することをおすすめします。

詳しく見る

お肌の美容対策

顔に触れる女性

クリニックではいぼの手術を受けられますが、再発した時は早めに医師に相談して対応する必要があります。いぼを取り除く手術は複数存在していて、レーザーなどを使った特殊な方法も受けられるので利用しやすいです。

詳しく見る

痛みには麻酔を使用する

顔に触れる女性

いぼの手術を行う時には麻酔を使用するので痛みを感じることはありません。どうしても心配がある時には事前に担当医につたえておくようにしましょう。また大きさがるものの時にはメスを使ったほうが治りが早くなることもあります。

詳しく見る

Copyright© 2019 気になるいぼ手術について【炭酸ガスレーザーを用いた手術が一般的】 All Rights Reserved.